自動追従型のソーラー発電システム

今では何処にでも設置されているソーラー発電システムのパネル。
電気を自ら作り出して、自ら消費すること。
そして、使い切れなかった余剰電力は、電力会社に買い取ってもらえる仕組みまであり、まさにエネルギーの自給自足が、現実的になっています。
しかし、天候に左右されるのも、ソーラー発電の課題です。
夜や天候の悪い時は、発電できないか発電効率が極端に落ちてしまいます。
これは仕方ないにしても、太陽は常に動いているために、いかに日照環境を把握して、高効率の設置をするかも課題です。
そのようなことから時々思うことは、ソーラーパネルを太陽の動きに合わせて、向きを変える仕組みです。
光合成を行う植物のようにパネルも太陽の光に自動的に追従していくシステムがあるだけで、発電量もかなり変わってくるのではないでしょうか?
光センサーで太陽の光を感知しながら、一番光を受ける面積を最大化できるシステムは既に開発されているのでしょうか?